MENU
SCHOOL LIST

vol.20 岡田 莉愛【選手コース】将来の夢はプロテニスプレイヤー!まずは全国大会を目指します!

2022 6/29
vol.20 岡田 莉愛【選手コース】将来の夢はプロテニスプレイヤー!まずは全国大会を目指します!
目次

今月のトップラン vol.20 岡田 莉愛インタビュー

「莉愛は強いから勝てるよ!」といつも声をかけてくれるコーチたち。それが私の大きなチカラになっています。

小学校2年生の終わりに、両親のすすめでテニスを始めた岡田莉愛さん。何かスポーツがしたいと、最初は軽い気持ちで始めたテニスが、トップランで仲間と切磋琢磨するうちに、いつしかもっと強くなりたいと自ら上を目指すように。

そんな莉愛さんは、今年2022年5月に行われた関西小学生テニス大会で、2回戦を勝ち抜き、ベスト16という見事な成績を残しました。ベスト8に入れば全国大会への出場が叶っただけに、「次は必ず全国へ!」と練習に余念がありません。

今回は、選手コースのレッスンを担当する堺コーチが「急成長中」と評価する莉愛さんに、これからの夢や夢を叶えるために日々心がけていることを聞いてみました。

◆クラスはみんな明るくてテニスが上手。だから打ち合いが楽しいです!

―テニスを始めたきっかけは?

スポーツがしたいなと思っていたときに、ちょうどお母さんからテニスを勧められました。はじめてみると、すごく楽しくて、もっと本格的にやりたいなと思うように。そんなときに、トップランの石守校でテニスをしていた友達から、選手コースの話を聞いて、一度体験してみることにしました。

―実際にトップランに来て感じたことは?

体験のときから、みんな明るくて楽しいという印象があって、それは今でも変わりません。クラスには30人ぐらいのメンバーがいて、みんなテニスが上手で強い。だからレッスンでは打ち合いをするのがものすごく楽しいです!

―木・日曜以外、ほとんど毎日レッスンです。

友達と遊びたいなと思うことはあるけれど、レッスンに行きたくないとか、テニスをやめようとか思うことはありません。

自主練習…?もちろん家でも練習します。でもめんどくさがり屋だから、走りなさいとか筋トレしなさい、素振りしなさいと両親に言われてやる感じに…(笑)。言われてもやらないことはあるけれど、基本的にはトップランに来る前にはちゃんとやっています!

―毎日の練習で心がけていることは?

毎日トップランに通う車の中で、「今日は○○をする」「○○ができるように練習する」といったように、その日の目標をお父さんに話すようにしています。そしてレッスンでは、自分が口にした目標に沿って練習を頑張るというのを、こだわってやっています。
これはもともとお父さんが提案してくれて始めたことで、今もちゃんと続けています。

◆2022年5月開催の関西小学生テニス大会でベスト16に。全国も見えてきた!

―最近(2022年5月)行われた関西小学生テニス大会ではベスト16に入ったそうですね。

はい。でもベスト8に残れば全国に行けるところでした。次は予選を突破して全国大会に出場できるように頑張りたいです。

―全国まであと一歩!これまでの道のりで印象に残っている試合はありますか?

去年の夏にあった試合です。

それまでは1回戦とか2回戦で負けることが多かったけれど、その夏の試合では3回戦まで進出できて、思い出に残っています。特に2回戦で対戦したのはすごく強い相手だったので、勝てたことが大きな自信になり、今回の結果にもつながりました。

―試合に勝てるように、自分なりに意識していることはありますか?

昔は、メンタルが弱くてよく泣いていました。
でもお母さんに「試合で泣くのはやめなさい」と言われてから、負けても感情を表に出さないように、わざと明るく笑ってみたり、堂々と歩いてみたり、自分なりに気をつけるようになりました。だから最近は泣いていません!5年生の最初の頃より、メンタルは成長していると、自分でも感じています。

―莉愛ちゃんの得意技を教えてください。

サーブの速さです。入る、入らないは別にしてですけど…(笑)。

◆将来の夢はプロテニスプレイヤー!まずは全国大会に行けるようになりたい。

―コーチからのアドバイスで印象に残っていることは?

堺コーチや大学生のコーチが、「莉愛は強いから勝てるよ!」といつも声をかけてくれ、それが大きな励みになっています。

テニスでは、特に苦手なところを中心にアドバイスをもらって練習しているかな。

―将来の夢を教えてください。

夢はプロのテニスプレイヤーです!

そのためにも、大きな大会では予選を突破して、全国へ行けるようになりたい。そして高校は相生学院に行って、プレーしたいなと考えています!

―プロまでの道のりも描いているんですね!莉愛ちゃんが目標とするテニス選手は?

トップランで教えてもらっている堺太志コーチみたいに、スピンとかをすばやく返せるようになりたい。あとサーブが速いところを含めて、プレーのスタイルが大阪なおみ選手に似ているので、太志コーチと大阪なおみ選手の2人を足して2で割った感じのプレイヤーを目指したい!2人のいいところをあわせもつ選手が目標です。

堺コーチ&お父さんからのメッセージ

[堺コーチ]
トップランにはじめてきたのは小学校3年生。そこからどんどん新しいことに挑戦して、1カ月ごとに見違えるように成長しています。体の成長とともに、テクニック・メンタル面もどんどん強化され、その成長スピードの速さには目を見張るものがあります。必ず全国に行って、さらなる活躍ができる選手になると信じています。
トップランの選手コースでは、それぞれ個性の違うジュニアたちの得意・不得意をしっかり見極めて、得意を伸ばす、苦手をフォローする指導を行っています。特に得意を伸ばすことにはより力を入れています。莉愛の場合は、攻撃的なテニスが魅力なので、そこに磨きをかけていくとさらに素晴らしい選手になると思います。これからも輝いてほしいですね!

[お父さん]
もともと体つきがしっかりしていて、赤ちゃんの頃から、フワフワというよりも筋肉質な感じでした(笑)。身体能力が高かったこともあり、スポーツをさせたら面白いかなとテニスを勧めてみました。
最初はそんなに興味がなかったかもしれませんが、テニスが上手くなって試合でも勝てるようになり、今は自ら積極的にテニスをするように。ここまでくれば、親としての役割は果たしたかなと感じています。まだ小学校6年生ですが、あと1年もすれば、何が必要なのか自分で考えて行動できるようになると思うので、それを陰ながら応援したいです。
とにかく、テニスを通じて、充実した日々を過ごし、人生を謳歌してほしい。それが私たち親の一番の願いです。

プロフィール

岡田莉愛さん(11歳)

選手コース

小学校2年生の終わり頃に、はじめてラケットを握ったという莉愛さん。その後、小学校3年生のときに、友人の誘いでトップラン石守校の選手コースへ。それから3年ほどで、関西小学生テニス大会ベスト16という快挙を成し遂げました。

テニスの魅力を聞くと、「打ち合いが楽しい!」とその魅力を話す莉愛さん。毎日一緒に汗を流す仲間の強さに刺激を受けて練習に励んでいるのも、急成長の要因の一つ。「みんな上手だから打ち合いがすごく楽しい。最初は何かスポーツができればという気持ちだったのが、トップランに来てから、テニスが上手くなりたいとか、将来プロになりたいとか思うようになりました」と話してくれました。

テニス以外では絵を描くことが好きだという莉愛さん。お友達と一緒に買い物に行き、おそろいの文房具を買うことが楽しみの一つだとか!インタビューでは、小学校6年生の女の子らしい一面も見せてくれました。

テニスを本格的に始めたいならトップランテニスカレッジ

トップランテニスカレッジでは、初めてテニスをする幼児クラス~小学生から本格的に始められる選手コース等、小さなお子様からテニスを始められるクラスをご用意しています。
お子様の習い事をお探しのお母様や、もっとテニスがうまくなりたいという学生さん、いつでも体験に来てみてください。
トップランテニスカレッジは、「テニスを始めてみたい」「テニスが上達したい」皆さまを応援します!
まずは気軽にお問合せください。

体験レッスン随時募集中!お得な新規入会キャンペーンも

目次
閉じる